私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、少しずつ

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、少しずつ治ってきています。

改善するために行った方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん良くなってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。

私は便秘にきく食べ物を毎日食べています。何かと言うと、それはバナナプラスヨーグルトです。毎朝食しています。

頂いている間に、最近、便秘が良くなってきました。

あのようにも頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも終えました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて喜ばしいです。便秘になってしまったとしても、薬を飲めばいとも簡単に、対策はできるとは思いますが、薬頼みになるのはよくないので、まず、最初に食事を見直してみてください。

実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の両方の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。

この前、インフルエンザになってクリニックに行きました。

どれくらい潜伏期間があるのかはっきりしませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触して感染してしまったのだろうと思われます。

高熱が3日間も続いて苦しい思いをしました。

高い熱が続くインフルエンザは、通常の風邪より辛いですね。

この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが解明されてきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。

多数のアトピー患者はおなかの環境があまり整備されていないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。

ヨーグルトは便秘解消に効果があるといわれますが、私が試してみると、大量に食べないと、大して、効果が感じられない気がします。

1日につき1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてできるだけ摂取するとよいでしょう。

アトピーの治療には食べ物も有効です。アトピーに効果的な食事にすることで美しい肌になることができるでしょう。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を高くする成分としてヨーグルトならびに大豆食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーの治療に効果的です。

乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では一緒ですが、ビフィズス菌にはそのことに加え、酢酸などの殺菌力を持つ成分も作り出す力があるのだそうです。

そう考えても、ノロウィルス対策に適しているとしているのですね。

最近では、いろんな感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザにかかる人が多数でます。

年ごとに予防注射をする人も増える一方ですが、都市部では結構な数の人数が発症しています。

実際の感染の原因は色々考えられますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する時に感染することが考えられます。

最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できる可能性があります。

アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が出来る性質があります。

そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、過剰反応となり、アレルギーが起こってしまうのです。

これが、アトピー症状を非違起こす原因だといわれていますが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされています。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは周知の事実です。

ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果が発揮できないのではというふうに期待していない人もいます。実は乳酸菌が生きているかどうかは重要なことではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、従って身体全体の健康に大変役立つのです。

元々、母はひどいアトピー持ちです。遺伝していたようで、私も同じくアトピーになってしまいました。

皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿が欠かせません。

スキンケアをしっかりしないと、外出もできなくなってしまうのです。母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、恐ろしくなります。

赤ちゃんがインフルエンザに感染したら、最も大変なことに達します。まだ体力が備わっていない赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、インフルエンザで亡くなることも考えられるでしょう。そう考えても、インフルエンザがはやっている時には、赤ちゃんを外の空気に触れさせない方が確実かもしれません。

乳酸菌を過剰に摂取したとしても特に副作用はありません。

ところが、いくら体に良くてもヨーグルトなどでたくさん摂り過ぎてしまうと、カロリー過多になる可能性がございます。実際、吸収できる量には限りがございますので、ある程度の範囲内に限っておくと確実でしょう。俗にいう乳製品以外にも、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応によって乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。

このことを知ってましたか?ここまで30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。